美文字を書くコツ 簡単できる方法と練習方法

美文字を書くコツ 簡単できる方法と練習方法

綺麗な文字が書けるってあこがれますよね。

仕事をしている中のちょっとした場面で人に文字が見られるときや、買い物をした後のサインを書くとき。

契約書を書くときの文字など、さまざまなシチュエーションで人に書いた文字を見られる機会があります。

そんな場面で恥ずかしい思いをしたことがある方も多いのではないでしょうか?

でも大丈夫。

ちょっとしたコツをつかめばあなたの文字は一目を置かれる美文字になることが出来ます。

美文字を書くために気をつけること

あなたは普段文字を書くときにどんなことを気をつけますか?

綺麗な文字を書こうと思えば思うほど姿勢は固くなり、手も思ったとおりに動かせなかったりしませんか?

実は綺麗な文字を書くためには硬くかしこまった姿勢よりもゆったりとしたリラックスした姿勢で書いたほうが綺麗な文字が書けるのです。

 

書道をしている方は別ですが、普段かしこまった姿勢で文字を書くことになれていない方は体を硬く構えた状態で文字を書くと綺麗にかけないのです。

リラックスした姿勢で文字を書くことを意識して文字を書くようにしてみてください。

 

また、持ち方と手を固定する位置も美文字を書くには重要な要素になります。

ペンを持つ位置はペン先から3センチほど離した位置で。

手を固定するのは手首の位置で字を書いてみてください。

手を固定する位置や、ペンを持つ位置を正しくすることで文字を書きやすくなるはずです。

 

漢字・ひらがなを書くコツ

漢字やひらがなは普段何気なく書くときには難しいと思うことは少ないと思いますが、いざ綺麗に書こうと思うと無zかしく感じたりしませんか?

漢字やひらがなもちょっとした意識を持つことでぐんと綺麗に見せることが出来るのです。

 

漢字を綺麗に書くコツ

漢字をきれいに書くには、まずは書き順を正しく覚えることが大切です。

漢字は形自体が複雑なものも多く、綺麗に書くには順番を正しくすることで形を整えやすく出来ているのです。

 

また、横の直線を若干右上がりにすることを意識してみてください。

書き始めから6度の角度で書き終わりまで横線を引っ張ることで漢字のまとまりが綺麗に見え、書いた漢字が綺麗に見えます。

 

さらには漢字の中に無数にある隙間に注目です。

漢字は隙間の間隔を均等にまとめることで綺麗なまとまった形に書くことが出来るのです。

 

ひらがなを書くコツ

ひらがなも漢字と同じで書き準を正しく書くことを意識しましょう。

ひらがなは全体のバランスを整えるのが難しい場合が多く、書き準を正しく書くことで全体のバランスを整えやすくなります。

また、漢字と同じで横線を右上がりに描くことでも形を綺麗に見せることが出来ます。

 

美文字の練習方法

美文字を書くにはまずは線をしっかりと書けるようにしなければなりません。

横線・縦線をしっかり描く練習をするのが美文字を書く第一歩です。

 

次に円を書く練習をしましょう。

ひらがなには「す」や「ぬ」など、円を書くものもありますし、曲線をしっかりと描けるようにすることで文字全体を綺麗に見せることが出来るのです。

 

美文字に見せるには

書いた文字を美文字に見せるには書いた文章全体を綺麗に整えることも重要です。

漢字とひらがなのバランスを整えることで、多少も字が崩れていてもカバーすることが可能です。

理想は漢字の大きさを10としたときにひらがなの大きさを8にまとめることです。

漢字を大きく見せてひらがなをシャープにすることで全体のメリハリがついて文章全体を綺麗に見せることが出来るのです。

 

ちょっとした意識を変えるだけで文字は綺麗に見せることが可能です。

毎日の積み重ねで文字を綺麗に見せることが出来るので、ちょっとしたことを積み重ねてみませんか?

コメントを残す