字を綺麗にする方法

字を綺麗にする方法

文章を書くことは何かにつけて起こるものですが、ワードやエクセルなどを使用することで多くの場合は済んでしまうことがほとんどです。

手書きでいろいろ作成する機会がある人は少ないのではないでしょうか?

 

日常、手書きでものを書くと言ったらメモなどを書き留めるくらいのことが多いでしょう。

しかしながら、時々発生する書式の記入とか、記憶に残らない類のものは知らないうちに行っています。

記憶そこそこのものですから意味もほとんどないのでしょうけど、記憶を過去に向けてみてください。

 

たとえば、小学生・中学生当時キレイな字を書きたいと思った人は少なからずいるはずです。

現在に帰って、実際に些細なものであってもいざキレイな文字で書いたとなればいい気持ちになることでしょう。

加えてあなたの回りの人達はあなたに対するよい印象を持つに違いありません。

 

もし仮に特別なことをしないで自分で簡単に字の上達ができる方法があるとしたら、それについてもう少し知りたいと思いませんか?

今回はそういった手軽にできる、字をきれいにする方法を紹介してみましょう。

いつでもできる 文字トレーニング!

美文字判定アプリ

これは書いた文字をアプリが診断・解説入りで修正してくれるものです。

使い方も簡単・時間も掛からずいつでも手軽に練習ができる内容になっています。

練習用としてアプリに登載してある文字は、日常で使用される頻度が高いひらがな46文字と漢字50文字を厳選してあります。
更に登載してある文字は全て、登載されていない文字に応用できる文字となっていますのでこのアプリでほぼ全ての文字の書き方を習得できます。

 

子供用の練習帳

字が大きい子供用の文字をなぞることは、大きな字ということできれいな字を書く為に必用である指の動きを習得することができます。

コツは大きな字をなぞることです。

 

デッサン

これは字も絵と同じでデッサンが下手だと字をキレイに書けないというものです。

つまりキレイな字を書くには『正しい字の形』『正しい字の書き方』『正しい字のイメージ』が必要になるということです。

絵はデッサンが下手であれば上手い絵を書けないように、字にも全く同じことが当てはまります。

美しい字を書くには、デッサンと同じく字の認識力と再現力が必要になります。

 

意識するだけで字がキレイ!

以下の内容を知っているだけでキレイな字を書くことが出来ます。

 

比率

漢字とひらがなとの字の大きさの比率を考えて書くことで字がキレイに見えます。(漢字)

1 : (ひらがな) 0.8 が最適な比率です。

 

傾き

字の傾きが揃っている文章は字がキレイに見えるということです。

つまりバランスがとれていると字がキレイに見えます。

 

右上がり

視覚的なもので字がキレイに見えるというものです。

字は水平に書いたものより右上がりに書いた字の方がキレイに映ります。

 

中心線

真っ直ぐな線を書くことで字がキレイに見えるというものです。

ヘンとツクリに縦の線が2本並ぶ字は、2本の線が真っ直ぐ平行になっていればキレイに見えます。

 

以上4つの要素の他に『持ち方』『書き順』『間隔』『イメージ』など、意識しているだけですがキレイな字を書くことが出来るようになれます。

コメントを残す